【開業やめとけ!?】コロナ禍で自家焙煎店が増え過ぎてるからやめた方がいい!?

まずはこの記事を読んで欲しい

コーヒー、自家焙煎が急増 一般人と異業種の参入で マシンの生産追いつかない状況

コロナ禍で自家焙煎を開業する人が増えているとの事。UCCのコーヒーセミナーも2.5倍にまでなっているみたいだ。

今回は自家焙煎店が増えすぎている。これはもはや、やめた方がいいのか。

やるならどうすればいいのかについて考えていく。

超スモールスタートにこだわる

日頃は有害なので見ることはないヤフコメを今回は参考に拝見する事にした。

仕事辞めて喫茶店や蕎麦屋開業して上手く行った例を聞いたことが無いです。

否定する気はないけど、食パン同様な結果になるんだろうな。

個人の趣味として楽しむ分にはいいと思うけど、これからコーヒーの焙煎で起業は厳しくないか?

というありがたいお言葉が沢山あるが1つも肯定的な見方はない。 

そりゃあそう

店を構える前提で話をしているならそう、そのとおりだ。このサイトではオンラインでコーヒー自家焙煎点を開業するノウハウを考えていく。

どんなビジネスを始めるにせよまずは無料でできる事からやるべきだ、Instagram、Twitter、YouTube、メルカリ、はてなブログ成功するしないは別としてノーリスクでチャレンジする事ができる媒体が沢山ある。

そして急にコーヒー1本でやっていくわけではない、このサイトではまずは副業でコーヒー豆販売を初めて月2~3万を達成する事を最初の壁として設定しているつもりだ。

だから始める事にリスクなんてない。

コーヒー自家焙煎を成功させる条件はただ一つ「黒字になるまでの売り上げが作れるか?」

そしてその方法はシンプルだ。

集客力

リピーターの獲得

これが全て

お客様がいればいるほど安定して売り上げになるし実はコーヒーを買ってくれる方はほとんどリピーターである。

この集客力が最も難しくて最も重要といっても過言ではない。

まずは集客力を身につける

つまり個人でビジネスをやるなら集客をしろということ。

ヤフコメ民様たちがいうそこまで味の違いが出せるのか?とか差別化できないだろという以前に集客できるのかというところ。しかし一体なにから始めれば良いのか?

SNSを頑張る

とにかく自分にできる無料の媒体から始めよう。

Twitter 1000人

Instagram 1000人

YouTube 1000人

blog 月1万PV

副業で3万円以上稼ぎたいならこれくらいのフォロワーが必要だ。

難易度とコスパ順に並べると

Instagram>Twitter>blog> YouTubeだ思う。

毎日の投稿が積み重なっていきフォロワーが徐々に増える、個人的に最初に頑張るべき媒体はInstagramだろう

Instagramはビジネスとの相性がいいし世界観が伝わりやすい。

しかしSNSアカウントを伸ばすのは難しい、SNSは楽しい娯楽だと考えて臨むと厳しい気がしている。完全に仕事の広告だと割り切って頑張る必要がある。

成功しているアカウントを真似る

SNSを伸ばす上で一番やりやすい方法はフォロワーがいっぱいいるアカウントを調べて分析して真似する事だろう。

【伸びているInstagramの特徴を分けてみた】

・文字をスライドさせて見せるスタイル

文字を入れてコーヒーの淹れ方だったり情報だったりレビューを文字にして発見タブから新規を参入させやすくする方法。

・メリット

わかりやすい情報発信アカウントになる

見つけてもらいやすい

デメリット

作るのがキツイ

努力のコスパが悪い

・綺麗な写真を載せていくスタイル 

コーヒーはイメージの飲み物だ、スタバがオシャレだというイメージで売れているように綺麗な写真で良いイメージを戦略的に売り込めれば相当いい。

・メリット

イメージを伝えやすい、撮るだけでいい。

デメリット

写真をうまく撮る必要がある

この大きく2つのスタイルどちらの方が良いかは分からない。文字入れアカウントで伸びて売り上げが取れている自家焙煎店もあるし、単純にドリップの動画を毎日上げて何千人もフォロワーがいるアカウントもある。

ただし、写真、商品の見せ方、統一感、デザイン、文章、上手くいっている人はどれも毎日80点以上出し続けている印象。

正直キツイと思うがフォロワーを増やしたいなら努力するべき所なのだろう…

僕自身まだまだなので精進します。

リピーターを増やす工夫

集客して買ってもらえたとしたらまずは一つの壁突破だ、しかしリピートしてもらう、もっと言えばファンになってもらう必要がある。

何をすべきか

・リピーター割引or増量をする。

・ポイントカードを作るor何回かの購入で一つサービスみたいにする。

・クーポンをつける

・メルマガを配信する

もう一度買ってもらう方法は多々あると思うがこれも他の焙煎店のコーヒーを買ってみるとどうしているかが分かるだろう。

クーポンをつけている店、小さなチラシを入れている店、メルアドの登録をすすめる店などいろんなお店が工夫を凝らしている。

一度勉強としてうまくいっている自家焙煎店の珈琲豆を買ってみるのもいいのではなかろうか。

豆売りだけで考えない

これはコンテンツを発信し続けることを目標にした末に見据えるべき事なのだが、つまりはこういう事だ。

「このご時世、物価も高騰して家賃も高い中でたくさん溢れてる自家焙煎店を開業するなんてバカだよね。でも副業でコツコツ月2、3万を稼げるようになってきたら実店舗を視野に入れて考えられるようになるし、その2、3万を稼げる様になった頃には集客力が身についているからブログやYouTubeの広告収入も狙える可能性あるよね。ある意味いろんな戦い方ができる今、コーヒーで開業を完全に否定できるか?」

という事。

豆売りだけで考えないというのは、コンテンツの再利用が狙えるということ、集客する為に発信し続けるコンテンツ自体が金になれば努力が報われるといっても良い。

だからこそ多方面の媒体で頑張れるのではないかという話だ。

まとめ

今回はコーヒー自家焙煎店が増え続けている中で開業するなんてヤフコメ民様たちが言う通り無謀なのかについて考えてきた。

結論は

「オンラインで集客力とリピーター獲得ができれば十分可能」という事だった。

可能な一番の証拠としては実際に成功している店があるという事。

うまくいっている店をよく確認して何をしているのかを分析して盗む事で自分の店に活かしていくのがコツだ。

僕ももっと頑張ります…

by
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA